買取ってもらいたい古切手の扱い方は

買取ってもらいたい古切手の扱い方は

買取ってもらいたい古切手の扱い方は

自宅にあるデスクの引出しや戸棚の奥に仕舞われているかも知れない古切手。見付かれば一時はコレクションしていた過去の思い出に浸り、懐かしさを覚えるところですが、その量が多ければ多い程、その後の扱いに困るケースが出てくるものです。
コレクションしていた古切手は、余程雑に扱わない限り、パラフィンに挟まれた状態で専用のファイルにきちんと収納されているもの。既にバラバラになりあちこち破損している様な状態ともなると、高価で買取ってくれる業者も中々見付からないものですが、丁寧にファイリングされている古切手であれば、高価買取を狙い古切手の専門業者に査定・買取を依頼してみるのも良いでしょう。
もちろんバラバラ、雑に保管されている古切手の中にも、希少価値の高い切手が含まれれている可能性もゼロではありません。それらの切手もなるべく丁寧に扱い、チャック付きポリ袋等に小分けしてこれ以上破損しない様にし、先のファイル済みの古切手と共に纏めて持ち込むか、宅急便配送での査定を依頼すべきです。
直接これらの切手を業者に持ち込むのであれば特に心配はありませんが、宅配便により切手を送る場合、何より気を付けなければいけないのは湿気や水への対策。雨天時の配送で外箱から水が侵入し、せっかくの切手を濡らしダメにしてしまうリスクが上昇します。なるべく防水性のあるビニル袋等でしっかり包み、封をした上で外箱に丁寧に仕舞い、宅配業者に渡す心掛けが大事です。

関連ページ

切手買取について
切手買取についてです。ぼくの切手をを買い取りしてくれる店はインターネット上にあります。シート切手が買い取り価格が高いですが、50円もしない小さな切手も数をちゃんと書いて送ってみますと買い取…

ホーム RSS購読 サイトマップ